第136回グローバル・マーケティング研究会

日 時:2019年9月27日(金) 18:30~21:00
場 所:明治大学駿河台校舎リバティタワー1階 1011教室
報告者:沖本裕一郎(株式会社ロコガイド{旧トクバイ}取締役CFO)
報告題:「破壊的なイノベーションによるチラシマーケティングの進化」

内 容:
新聞折込チラシ、ポスティングなど地域生活者へのマーケティングは、紙に偏在しています。しかし、人口減少・競争激化・EC拡大などの「小売企業の競争環境変化」、そして節約志向・購買行動・スマホ化などの「生活者変化」によって新しいマーケティングが徐々に拡大してきています。本セッションではその生活者視点でのマーケティングが破壊的なイノベーションによって急速に普及している状況をご紹介していきます。

懇親会(ナポリの下町食堂)※会費,4000円
会員限定、先着順40名。

入会希望の方は下記のリンクよりお申し込み下さい。
http://gumaken.org/contact

<沖本裕一郎氏プロフィール>
2012年よりクックパッドの新規事業責任者として、月間800万人以上が利用する日常消費領域のO2Oプラットフォーム事業を立ち上げ。2016年にMBOにより事業分割の形で株式会社トクバイを設立。生活者の買物を変える可能性のあるサービスとして、2013年に情報化促進貢献個人等表彰(経済産業大臣表彰)、2014年にネット&リアル相互貢献(O2O)グランプリ大賞、2016年にapp ape 新人アプリ大賞、2017年にgoogle play ベストアプリ デイリーヘルパー部門大賞を受賞。2001年から2012年までは、リクルートにてクリエイティブディレクターを経験した後、新規事業やWEBサービスの開発に従事。ad tech TOKYO、法政大学大学院、中央大学ビジネススクール、日経MJ、NHK、日本生産性本部 経営アカデミー、グロービスなどで講義・講演実績多数。また「MarkeZine」「食品商業」などの専門誌での執筆もおこなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.