古川裕康(2016)『グローバル・ブランド・イメージ戦略:異なる文化圏ごとにマーケティングの最適化を探る』

furukawa古川裕康(2016)『グローバル・ブランド・イメージ戦略:異なる文化圏ごとにマーケティングの最適化を探る』白桃書房。

本研究会事務局の古川裕康先生(淑徳大学・助教(経営学博士))初となる著書が10月21日に出版されます。

古川裕康(2016)『グローバル・ブランド・イメージ戦略:異なる文化圏ごとにマーケティングの最適化を探る』白桃書房。
https://www.amazon.co.jp/dp/4561662200

<内容紹介>白桃書房HPより
これまで日本企業は,良い製品を作ればどのような国や地域でも受け入れられ,世界で活躍する企業になれる,と思い込みがちだったが,これまでの失敗からそれだけでは不十分ということへの認識が高まってきている。
特にマーケティングにおいては,国・地域ごとで異なる消費者の特性を踏まえた施策の立案が求められている。

本書は,その前提となる,文化圏ごとのブランド・コンセプトに対する態度の違いに基づき,各国ごとに最適化し訴求すべきブランドイメージを理論的・実証的に探っている。
解析に当たっては,グローバルな日用品の各国ウェブサイトのテキスト分析を行うなど,ユニークな手法が使われている。
高度な分析がなされているが,理論編と実証編と分けられているため実務家にも読みやすくブランドマネジャーやグローバル・マーケティングの担当者には大変有用な書となろう。

<目次>白桃書房HPより
序章 海外進出企業の課題
1章 「良いモノを作れば売れる」は間違い

第1部 理論編
2章 GBI研究と戦略要素
3章 文化とGBI戦略

第2部 実証編
4章 機能的訴求の有効性
5章 観念的訴求の有効性
終章 グローバル・マーケティングへの指針

引用元:白桃書房HP<http://www.hakutou.co.jp/book/b251587.html>

池田謙一編著(2016)『日本人の考え方 世界の人の考え方』

ikeda池田謙一編著(2016)『日本人の考え方 世界の人の考え方』勁草書房。

https://www.amazon.co.jp/dp/4326251166

<目次>勁草書房HPより
まえがき
第1章 世界価値観調査とは
1.1 世界価値観調査の概要
1.2 世界価値観調査のスキーム
1.3 世界価値観調査から得られた知見・意義
1.4 データ・セットの利用の手引き
1.5 最後に:本書について

第2章 個人・生活観
2.1 人生・ライフスタイルに関する意識
2.2 ジェンダー・家族に関する意識
2.3 宗教に関する意識
2.4 生活様式の変化

第3章 社会観
3.1 社会システムに関する意識
3.2 社会・政治行動
3.3 環境に関する意識と行動
3.4 近隣・治安に関する意識
3.5 信頼と寛容性に関する意識
3.6 高齢化社会に関する意識
3.7 科学技術に関する意識
3.8 情報に関する意識

第4章 政治観
4.1 政治に関する意識
4.2 民主主義および政治制度に関する意識

第5章 国家・国際社会観
5.1 自国に関する意識
5.2 国際社会に関する意識
5.3 近未来展望に関する意識

終章 グローバル時代における日本人の価値観
引用文献

引用元:勁草書房HP<http://www.keisoshobo.co.jp/book/b220027.html>

モーイ・M. D.著,朴正洙監訳(2016)『グローバル・マーケティング・コミュニケーション』千倉書房。

mooijMooij, M. D. (2013), Global Marketing and Advertising: Understanding Cultural Paradoxes, SAGE Publications, New York, 朴正洙監訳『グローバル・マーケティング・コミュニケーション』千倉書房。

https://www.amazon.co.jp/dp/4805110902

<目次>千倉書房HPより
第1章 グローバル・マーケティング・コミュニケーションにおけるパラドックス
第2章 グローバル・ブランディング
第3章 価値と文化
第4章 文化の次元
第5章 文化と消費者行動
第6章 調査研究と文化的価値の適用
第7章 文化とコミュニケーション
第8章 文化とメディア
第9章 文化と広告訴求
第10章 文化と制作スタイル
第11章 価値のパラドックスから戦略へ

引用元:千倉書房HP<http://www.chikura.co.jp/ISBN978-4-8051-1090-4.html>

第105回グローバル・マーケティング研究会のお知らせ

第105回グローバル・マーケティング研究会のお知らせです。

日 時:2016年11月11日(金) 18:30~21:00
場 所:明治大学駿河台校舎 リバティタワー1階 1012教室
※いつもの教室の廊下向かい側。廊下右手です。
報告者:志賀俊之 氏 (産業革新機構会長)
http://www.incj.co.jp/
※2015年6月例会では「日産自動車副会長」として登壇
していただきました。その時の様子はこちらへ。
報告題:「オープンイノベーションによる日本の産業革新」(仮)

懇親会(ナポリの下町食堂)※会費,4000円
予約〆切:11/8(火)23:59
予約:ML会員の方のみお申込みいただけます。
入会希望の方は下記のリンクよりその旨お知らせいただければ幸いです。

グローバル・マーケティング研究会|入会希望/問い合わせ
http://gumaken.org/contact

第104回グローバル・マーケティング研究会の様子

第104回グローバル・マーケティング研究会の様子です。

今回は早稲田大学早稲田大学大学院 経営管理研究科教授/早稲田ブルー・オーシャン戦略研究所所長の川上智子氏に「グローバル×イノベーション」と「ブルー・オーシャン戦略」についてご自身の研究を元にご解説いただきました。

img_1867 img_1851 img_1857

研究開発とマーケティングの関係について研究された最新の知見をご披露いただきました。

第104回グローバル・マーケティング研究会のお知らせ

第104回グローバル・マーケティング研究会のお知らせです。

日 時:2016年10月6日(木) 18:30~21:00
場 所:明治大学駿河台校舎 リバティタワー1階 1011教室
報告者:川上智子 氏 (早稲田大学ビジネススクール教授)
早稲田ブルー・オーシャン戦略研究所所長
報告題:「グローバル×イノベーション:文化と文脈の創造」

懇親会(ナポリの下町食堂)※会費,4000円
予約〆切:10/3(月)23:59
予約:ML会員の方のみお申込みいただけます。
入会希望の方は下記のリンクよりその旨お知らせいただければ幸いです。

グローバル・マーケティング研究会|入会希望/問い合わせ
http://gumaken.org/contact

川上先生が執筆・編集された著書は下記の通りです。ご参考までに。

川上智子 (2005)『顧客志向の新製品開発―マーケティングと技術のインタフェイス』有斐閣。
川上智子・徳常泰之・長谷川伸 (2015)『実践ビジネスプラン<第2版>』中央経済社。

第103回グローバル・マーケティング研究会の様子

第103回グローバル・マーケティング研究会の様子です。

今回はヤマハ発動機海外市場開拓事業部・事業部長の稲村徹哉氏に同社の「感動創造グローバル・マーケティング」についてご報告頂きました。

img_1791 img_1819 img_1818

オリジナリティのある「新たな世界観」を創り続けることの重要性を強調されておられました。