【新著紹介】『経済大国インドネシア』

佐藤百合『経済大国インドネシア』中公新書,2011年12月。

【内容紹介】(中央公論新社より)
リーマンショック後の二〇〇九年秋、欧米の格付け会社が、インドネシアの持続的成長能力と財政的安定を評価し、国債の格付けを引き上げた。以来、インドネシアの有望性は世界が注目するところとなる。二億四〇〇〇万近い人口と豊富な資源を背景とした潜在的な国力は、二〇〇四年、ユドヨノ政権になって以降の政治的安定によって、さらに強固な成長要因となっている。中国、インドに続く“アジアの大国”のこれからを展望する。

サイトのコメント欄等の仕様が変わりました(Facebookとの連携強化)

当ページではこれまで,
Google Friend Connectのサービスを利用した
コメント欄・会員欄を設けてきました。

この度,Googleによる同サービスの廃止に伴い
従来のコメント欄・会員欄を新しくしました。

これまで当サイトへ登録して下さっていた方々にはご迷惑をおかけします。
ご理解いただけますようお願いします。

なお新しいコメント欄・会員欄は,Facebookの機能を利用しています。

コメント欄:当サイトの最下部
会員欄:当サイトの右側・最下部

に配置しました。

Like!(いいね!)ボタンを押すと,今後フェイスブックを通じて当サイトの更新情報等
が流れてくるようになります。

利用料等は一切かかりませんので,皆様気軽に
コメント欄,またLike!(いいね!)
を利用してください。

今後ともよろしくお願いいたします。

仕様は以下の通りです。

<コメント欄>

<会員欄>

グマ研会員の方,関心のある方は「Like! (いいね!)」を押して下さい。

グマ研事務局

今後の例会、日時訂正のお知らせ

本ページの右側に「今後の予定」欄があります。
「今後の予定」欄中の2月例会の日時が誤っていました。

正しくは以下の通りです。

日時:1月19日(木)
18:30~20:30
場所:明治大学リバティタワー 7階1073教室
報告者:伊藤ひなた 氏
    中国弁護士,アクトチャイナ(株)代表取締役
タイトル:「日中間のM&Aを成功させる方法~中国弁護士が見た落とし穴~」
※終了後、懇親会

皆様、間違えの無い様によろしくお願いします。
なお本例会の詳細については、追って本ページにて報告します。

日時表記が誤っていたことを謹んでお詫び申し上げます。

グマ研事務局
古川裕康
原木英一

東日本大震災支援

2011年3月11日に日本の三陸沖で発生した大震災により
甚大な被害が発生しています。

今回、コペルニクというNGO団体が
BOP向けの製品(ソーラーランタン)を
被災地に届けるための寄付募集をウェブ上で開始しました。

このNGOは、元々BOP層に対して、BOPビジネスの製品を提供するために、
ウェブで寄付を募るという取り組みをしている団体です。
グローバル・マーケティング研究会会員,平本さま(野村総合研究所)からの紹介です。

600個をモンベル(アウトドア用品メーカー)義援チームを
通じて届けるそうです。

安価なソーラーランタンは,電池が不足している被災地で大変役立ちます。
【リンク】ソーラランタン寄付募集(詳細,寄付はこちらからお願いします)

皆様,何卒ご協力お願い致します。

—————————————————————————-
On 12 March 2011,
Japan was struck by the most powerful earthquake and tsunami,
leaving massive impact and thousands of people remain homeless
without proper access to energy and lighting.

This time, the organization of NGO Kopernik
begun fundraising on the Web
for delivering products (solar lanterns) to the affected area.

This emergency project provides solar powered lanterns to the most severely affected areas.
The products will be distributed for free, through the Montbell’s emergency response team.

【Detail Link: Japan emergency project: Give lights to the tsunami victims in Japan】

Thank you.

グマ研公式Facebookページ

グマ研公式Facebookページを整備しました。
http://www.facebook.com/gumaken

これまでも「グマ研公式Facebookページ」は存在しましたが,
巧く本ウェブページの情報を転送できていませんでした。

この度,みなさんの助けを借りて
本ウェブページの更新情報がFacebookページにも転送されるようにしました。

これで,グマ研に関する情報が発信されるのは
・メーリングリスト(登録申請が必要)
本ウェブページ
Twitter(大石研究室アカウント)
Facebook(グマ研公式ページ)
の4つです。

各種SNSをご利用の方は,
これでより便利にグマ研の情報を入手することができます。
利用されていない方も,これを機に利用してみてはいかがでしょうか。

みなさんにどんどん使って頂けると幸いです。

関連記事:「各種SNSと連携しました

大石研究室
古川裕康