8月例会報告

8月例会は,8/17(火),野口恭平氏による日産自動車のグローバル・ブランド戦略,グローバル・コミュニケーション戦略の事例報告でした。標準化と適合化の中間にある適切な着地点を求め,継続性のあるKPIを探索する苦労を生々しくお話しいただきました。約100名の参加者も共感するところ大だったのではないでしょうか。最後のトヨタ自動車・小林浩氏とのやりとりも興味深いものでした。恒例の懇親会も30名近い人が参加し,大いに盛り上がりましたね。野口さん及び参加者の皆さまに感謝(^0^)! by 大石芳裕(明治大学)

野口恭平『もう一つのプレゼン 選ぶ側の論理』インプレスジャパン,2010/3。

昨日,8月例会報告者の野口氏の新著を読んだ。氏が指摘するように,確かにプレゼンは提案者側の視点で語られることが多い。どのようにうまくプレゼンするか,そして提案を通すか,という視点である。本書はそれに惑わされず,選ぶ側の権利と責任においてプレゼンに対峙することを求めている。広告プレゼンだけにとどまらない一般性を持つと思われる。