諸上茂登・藤澤武史・嶋正(2015)『国際ビジネスの新機軸―セミ・グローバリゼーションの現実の下で』

諸上茂登先生(明治大学商学部教授),藤澤武史先生(関西学院大学商学部教授),嶋正先生(日本大学商学部教授)編著の新刊『国際ビジネスの新機軸―セミ・グローバリゼーションの現実の下で』が発売されました。

(以下,「BOOK」データベースより)

新しい経営思想,戦略,組織等の探索・実現を目指すセミ・グローバリゼーション時代の国際経営論テキスト!

目次 :
現代の国際ビジネス環境における新機軸の探索
国際事業モデルのイノベーション
多国籍企業の組織デザイン戦略
国際マーケティング戦略
グローバル・ブランド戦略
国際市場参入戦略―マクロ分析の視点から
国際生産戦略
グローバルSCMとロジスティクス戦略
グローバルICT戦略
国際技術戦略
国際財務戦略
国際人材開発戦略
ボーン・グローバル企業の新機軸

【著者紹介】
諸上茂登 : 明治大学商学部教授。明治大学大学院商学研究科博士課程修了。博士(商学)。明治大学商学部助教授,ペンシルバニア大学客員研究員を経て現職。専門は国際マーケティング論。多国籍企業学会会長,国際ビジネス研究学会常任理事。

藤沢武史 : 関西学院大学商学部教授。関西学院大学大学院商学研究科博士課程修了。博士(商学)。関西学院大学商学部助教授,レディング大学客員研究員を経て現職。専門は国際マーケティング論。国際ビジネス研究学会常任理事,日本貿易学会理事。

嶋正 : 日本大学商学部教授。日本大学大学院商学研究科博士課程単位取得満期退学。商学修士。日本大学商学部助手,専任講師,助教授,ミシガン州立大学客員教授を経て現職。専門はマーケティング論(グローバル・マーケティング)。日本商業学会理事,国際ビジネス研究学会理事。
※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.